COLUMN

“理想の体型”叶えるたった5つのポイントとは?ジムトレーナーが解説

理想の体型は人それぞれですが“引き締まった腹筋”や“キュッと上がったお尻”、“余計なお肉のない背中”に憧れる方は多いのではないでしょうか?

その一方で、その“理想の体型を目指すためにやるべきこと”を知っている人は意外と少ないのではないかと思います。誰もがパッと思いつきそうなのが、“腹筋運動”や“ウエイトトレーニング”、あるいは“食事制限”などですが、改めて考えると本当に大切なことなのか不安になりますよね。

筆者の指導経験上、上記の行動はどれも間違いではありません。ですが、今日どんなにハードなトレーニングをして食事を制限しても、次の日に理想の体型になっているなんてことはあり得ないのです。また、無計画なオーバーワークによって挫折してしまう人も……。

「千里の道も一歩から」という言葉があるように、一番重要なのは“継続をすること”だと、筆者は考えています。

理想の体型になりたいと思っていても、実際に行動に移して、運動を継続する人はごくわずか。人は楽をして生きたい生き物なので「めんどくさい」「忙しい」「疲れた」など、やらない言い訳を見つけてすぐにさぼろうとするのです。

トレーニングを継続するためには、まずは運動メニューなどを決める前に「運動を継続しやすい環境・状態を作ること」が大事。

そこで今回は、今から始められる具体例を交えながら、カラダと向き合うための“環境作り”について解説したいと思います。今から紹介する「理想の体型を目指すためにやるべき5つのこと」を実践しながら、トレーニングに励みましょう!

■1:通いやすいジムで通う

例えばジムで運動をしたい方なら、家から徒歩または自転車で10~20分以内で行けるジム、または通勤経路にあるジムなど通いやすい場所にあるジムにしましょう。

画像:imtmphoto/Shutterstock

また、最近のジムはスタッフが常駐していないジムもありますが、マシンの使い方などすぐに聞ける環境も非常に需要なのでスタッフが常駐していて、マシンの案内をしてくれるジムを選びましょう。また仕事が不規則な方や忙しい方は、24時間営業しているジムだといつでも通えるのでおすすめです。

■2:事前に準備をする

画像:Art_Photo/Shutterstock

直前になって準備をすると忘れ物をしたり、探している間にトレーニングに対する意欲が下がってしまうこともあります。トレーニングシューズ・ウエア・タオル等は前日にバックに入れて玄関に置き、思い立った時にすぐに運動できるようにしておきましょう。

■3:運動時間を確保する

画像:Okrasiuk/Shutterstock

次に、運動する時間を確保します。予め手帳やカレンダーアプリにトレーニング時間を確保するようにしましょう。

空いている時間に運動しようとすると優先順位が下がり運動する習慣が身に付きません。最初に時間を確保して、空いているときに他の事をするようにします。同僚や家族に「今日は〇時からジムに行きます」と宣言するのもいいでしょう。

■4:余裕を持つ

画像:Prostock-studio/Shutterstock

理想の体型になりたいあまり、無理な計画を立てる方も失敗しやすいです。全く運動習慣がない方が「毎日腹筋100回やる」という目標を立ててもキツくて続かないでしょう。

10回×3セットを3日に1回行うぐらいの余裕をもった計画の方が続きやすいです。慣れてきてから強度・頻度を上げるようにしましょう。

■5:記録を取る

体重だけの数値を記録する方は多いと思いますが、ダンベルなどの重さや回数、ランニングの時間なども記録をしましょう。そして、次のトレーニングでは1㎏でも1回でも1分でもいいので前回より負荷を上げて行います。

画像:buritora/Shutterstock

記録を取ることで、少しずつ心とカラダが変化しているのが分かると思います。また、自分のカラダを定期的に写真に撮るのもいいですね。数値で変化がなくてもカラダつきが変わっていることはよくありますし、手軽に取り組めるのでおすすめです。

運動の成果が実感できると、「またやりたい!」「続けたい!」と運動へのモチベーションが上がり、自然と運動の習慣が身につくのではないでしょうか。

【関連記事】高タンパク質でダイエットにも◎!運動指導のプロが教える「簡単 鯖缶 味噌汁」レシピとは?

 

いかがでしたか? 理想の体型を手に入れるためには、“継続しやすい環境・状況を作ること”が大切です。これから運動を始める方はもちろん、挫折を経験してしまった方も、ぜひ参考にしてみてください。

【画像・参考】
※NinaMalyna・imtmphoto・Art_Photo・Prostock-studio・Okrasiuk/Shutterstock

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上