COLUMN

“腸活”を始めて健康な体作りを!美腸プランナーが教えるお手軽腸活レシピ

“腸活”という言葉を聞いたことはありますか? 書籍やテレビなどでも取り上げられ、耳にする機会も多いワードですが、「どんなことに気を付ければ腸活に繋がるのか分からない」という方も多いはず……。

そこで今回は、美腸プランナーの腸ずぼらナース【misa】さんに腸活の魅力を教えていただきました。

腸活を始めるとカラダにいいことばかり!

腸活とは「一般的に腸内環境を整えることで健康的な体を作っていく活動だと言われています」とmisaさん。また、厚生労働省の『e-ヘルスネット』では「腸内には細菌がおよそ1000種類、100兆個も生息していることが知られています。体の健康には、腸内にビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が占める割合を増やすことが重要です」※1とも述べられています。これをもとに判断すると、腸内環境を意識して整えることはとても重要なのでしょう。

そこで、実生活でも取り入れやすい腸活に関係する3つのテクニックを、misaさんに聞きました。

(1)発酵食品や食物繊維を摂りましょう
「発酵食品には善玉菌が含まれていますし、食物繊維は善玉菌の増加をサポートしてくれるでしょう」とmisaさん。たしかに、厚生労働省が運営する『e-ヘルスネット』でも、「善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を十分にとって、同居人である腸内細菌と協同して健康を作ることが大切です」※1と述べられています。

(2)食べるときは少量ずつ30回以上噛みましょう
「たくさん噛むことで消化を助け、腸での栄養素のスムーズな吸収へと結びついていくはずです」とmisaさんは言います。

(3)毎日の便の状況を把握しましょう
毎日の便の形や色を覚えているでしょうか? misaさんいわく「黄土色のバナナ型の便が理想的でしょう」とのこと。自分の腸の状態を確認するためにも、毎日の便の状況を把握しておくことは大切ですね。

ずぼらな人でもできる腸活レシピ

最後にmisaさんおすすめの、忙しくても手軽に作れる“腸活レシピ”をご紹介します。

(1)納豆と漬物の和え物


最初にご紹介するのは“納豆と漬物の和え物”。発酵食品と食物繊維が効率よく摂れるレシピです。味付けには、付属のタレを使わずに、発酵調味料である酢を入れることでタレがなくても美味しくいただけるそうです。

仕事で遅く帰った日でも火を使わず手軽にできるのが嬉しいですね。

(2)雑穀米炊き込みご飯

「生姜やきのこを使った炊き込みご飯は、体を温めてくれますし食物繊維も摂取できるでしょう」とmisaさん。雑穀米が苦手な家族のために、試しに炊き込みご飯にしてみたところ大好評だったそうです。

もしも、炊き込みご飯ができあがってから味が薄いと感じたら、塩麹や醤油麹で味を調整しても良いとのこと。具材をもっと増やすと旨味や食感も楽しめそうですね。

(3)さつま芋とトマトカレー

「さつま芋には、食物繊維がたっぷりと含まれていて栄養バランスもいいので、皮付きで調理するのがおすすめです」とmisaさん。一見ミスマッチとも思える“さつま芋とトマトカレー”ですが、さつま芋の甘味とトマトの酸味が合わさることでクセになる絶妙な味わいだそうですよ。

【関連記事】ダイエット中にオムライス…?管理栄養士が教える“ズボラなダイエット飯”とは

 

カラダの外側だけでなく、内側も美しく磨いていきたいですね。今回、ご紹介した腸活レシピもぜひ試しに作ってみてはいかがでしょうか?(文/筒井麻由)

<プロフィール>

腸ずぼらナース・【misa】

美腸プランナー、看護師。Instagramでは腸が喜ぶアイテムやケアの方法を発信している。
【SNS】Instagram:@chozuborans_3303

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください。

【画像・参照】
※Instagram(@chozuborans_3303)
※1 清水 純.腸内細菌と健康 – e-ヘルスネット(厚生労働省)最終更新年2019

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上