COLUMN

“握力”って何に役立つの?トレーナーが教える「鍛えるメリット&簡単トレーニング法」

あなたは筋トレをしているとき、握力について意識したことはあるでしょうか。またマシンを使うときやバーベル、ダンベルを使う時に「握力が足りない」という経験はないでしょうか。

意外と握力は見落としがちですが、筋トレの効果を上げるためには握力は欠かせない存在です。今回の記事ではそんな握力を鍛えるメリットと、トレーニング方法について解説していきます。

\理想の身体へ最短で近づきたいなら/
<< 東急スポーツオアシスのフィットネス >>

関連記事:【効果って?】トレーナーがこぞっておすすめ「スクワット」6つのパターンとNG例もチェック

握力を鍛えるメリット

画像:tool2530/Shutterstock

まずは握力を鍛えるメリットについて紹介します。代表的なのは「筋トレの種目で高重量を扱えるようになる」ということでしょう。特に背中を鍛える動作ではバーなどを引く動きが出てきます。重量が重くなるほど握力も必要になるので、握力が足りないせいで効果的に追い込めないということも。

それ以外に日常生活でも握力は役立ちます。何かを開ける、握るなどの動作は日常的に出てくるので、握力があるに越したことはありません。

握力のトレーニング法1:グーパー法

画像:Graphs/PIXTA

道具もなしで簡単にトレーニングできる方法がこの、“グーパー法”です。名前の通りグーとパーを交互に繰り返すことで握力の向上が期待できます。

やり方としては、両手をまっすぐ前に伸ばします。肘を伸ばしたまま、手を閉じてグーにし手を開いてパーにするという作業を繰り返します。

閉じて開くまでを1回として、100回程度を目安に行ってみましょう。慣れてきたらセット数を増やしてみてもいいかもしれません。

握力のトレーニング法2:ハンドグリップ

画像:beauty-box/PIXTA

“ハンドグリップ”というのは、よく握力のトレーニングで用いられる道具のことです。100円ショップなどにも売っていて握力が何キロ程度かというのも設定されています。それを握ることによって握力を鍛えることができます。

やり方はハンドグリップを用意します。片手で握り他の余計な力を使わずに握りましょう。完全に閉じ切ったところから、ゆっくりと開いて1回です。まずは20~30回ほどやってみましょう。

使いたい目的によって重さを変えるのがポイント。より握力を増やしたい場合には重量をかけ、10回程度できるぐらいに設定します。トレーニングなどにおける握力の持久時間を延ばしたい場合は、20回程度できる重さで行いましょう。

関連記事:シックスパックは最短4週間で目指せる!? トレーナーがコツを解説

いかがでしたか? 今回は握力を鍛えるメリットと、その具体的なトレーニング方法2つについて紹介いたしました。握力を鍛えることで筋トレだけでなく日常生活に役立てることも◎

まずは道具を使わない方法でトレーニングをして、物足りなければ道具を使ってトレーニングしてみましょう。もちろんトレーニングには休息はつきものですから、回復させる時間も取って行ってみてくださいね。

理想の身体への近道!
「東急スポーツオアシス」のフィットネス

  • 独自プログラムによる効率的な身体作り
  • 24時間利用可能なフィットネスジム
  • 日々の管理に便利なオリジナルアプリ etc…

身体に関するエキスパートたちが、総合的なサポートであなたの“Well-being”を応援します!

見学・体験のご案内はこちら

【画像・参考】
※januaryphoto、Graphs、beauty-box/PIXTA
※tool2530、GPadma/Shutterstock

\ 自分を信じて”理想のカラダへ” /

~ 【部位】で選ぶ ~

#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 # # # #手首 #足首 # # #腹筋 #くびれ

~ 【目的】で選ぶ ~

#ボディメイク #シェイプアップ #ダイエット #筋トレ #パフォーマンス向上 #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠