WEBGYM

デニムが似合う“美しいヒップ”になるには?トレーナーおすすめの「ウエスト・ヒップトレ」4選

皆さんはデニムのパンツはお持ちですか? 1本あるだけでどんなファッションにも合わせやすくて、重宝しますよね。

そんなついつい出番の多くなりがちなデニムコーディネイトを、ワンランクアップさせませんか?

今回は、かっこよくパンツを履きこなすための「下腹部・ヒップまわりのスタイル作りトレーニング」を4つご紹介します。ぜひ挑戦してみてくださいね!

引き締まったヒップをつくる

画像:WEBGYM

デニムなどタイトなラインのパンツを履くときに気になるのがヒップラインではないでしょうか。サイドプランクはそのヒップのライン作りにおすすめです。

まず、横向きの姿勢になり肘とつま先の側面で体を支えます。頭から踵までを一直線にし、体の側面のくびれを左右均等にすることを意識しましょう。体勢がつらければ膝を曲げてみると少し楽になりますよ。片側30秒ずつで、左右どちらも行ってみてください。

見落としがちなキュッとしまった下腹をつくる

画像:WEBGYM

少し強度は上がりますが見落とせないのが、下腹トレーニングのベントニーレッグレイズ。サッと履いてデニムのボタンもラクラク留めちゃいましょう。仰向けになり足の裏を天井に向けるようにします。お尻から尾てい骨を浮かせるように骨盤を持ち上げてみましょう。

まずは数ミリ浮かせるところからで構いません。お尻に意識が向きがちですが、ポイントはあくまで下腹です!

腹筋に立て筋をつくる

画像:WEBGYM

せっかくタイトなデニムを履いたなら、お腹の贅肉は引っ込めておきたいもの。実は贅肉がデニムに乗っちゃって……という事がないためにもお腹全体をスッキリさせておきましょう。

仰向け姿勢になり、背中を上の方から徐々に床から持ち上げていきます。同時に手をバンザイするように挙げていき、体がまた床へ降りていくのに合わせて手を下げていきます。

背中のしなやかさも意識しながら行いましょう。少し強度が高い腹筋のトレーニングですが、頑張ってみてください。

最後にウエストを引き締めてバランスを整える

画像:WEBGYM

最後はウエストをつくるロシアンルーレットです。ウエストを鍛えることはキュッとした腰回りの引き締めはもちろん、ビシッとした歩き姿にも関係してきます。

足を伸ばして座った姿勢から45度、姿勢を後ろに倒します。写真のように腕を胸の正面で組んだら腰のひねりを使って腹筋を左右に締めていきます。連続20秒を目標にチャレンジしてみましょう!

【関連記事】首と肩の辛いコリを解放!知ってると使える「簡単セルフケア」3選

 

いかがだったでしょうか? 気軽に使えるアイテムだからこそ、トレーニングで準備をバッチリしておけばいつでも最高のコーディネイトになりますよね。薄着になる夏を迎える前に、カラダの準備してみてください。

【画像・参考】
※男性の為の上半身メニュー/WEBGYM
※Mikhail Kadochnikov/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上