WEBGYM

1日3分で“スッキリお腹”に!? 宅トレ好きがおすすめ「体幹ワークアウト」まとめ

どんなファッションも着こなせるすっきりとしたお腹は、多くの人にとって憧れですよね。

そこで今回は、薄着になる季節に向けて身体を絞っていきたい人向けに“腹筋周りにアプローチするトレーニング”を3つ紹介します。正面の筋肉だけでなく、脇腹の方も鍛えられるので、“痩せ見え”ボディを目指して一緒に頑張りましょう。

横向きで手を動かす「サイドプランクシークエンス」

画像:WEBGYM

お腹の真ん中から脇腹に向かって走る腹斜筋を鍛える種目です。

肘を肩の真下に置くようにして、体を横向きにします。そこから、両足を揃えた状態でお尻を床から持ち上げます。この基本姿勢を取るとき、頭からかかとまでを一直線にするよう意識してください。

上側の手を天井に向かって上げ、体をひねりながら脇に向かって手を動かします。動く際、骨盤をしっかり固定して、上半身だけをひねるようにしましょう。

画像:WEBGYM

手の上げ下げの動きを交互に繰り返してください。まずは、連続して20秒程続けることを目指しましょう。終わったら向きを変えて、反対側も鍛えます。

対角線上の手と足を持ち上げる「ダイアゴナルプランク」

画像:WEBGYM

四つ這いになったら、肩幅と同じくらい手を広げてください。次に、膝を床から離して頭から足まで一直線になるようにします。このとき、肩の真下に手の平がくるようにしましょう。

画像:WEBGYM

基本の姿勢を作ったら、対角線上の手と足を床から離して、15秒ほどこの体勢をキープしてください。腕は耳の横につけて、指先を遠くに伸ばしましょう。足はお尻が上がらない程度に持ち上げて、腰が反らないように気をつけるといいですね。

手足を入れ替えて、逆側も行います。慣れてきたら、30秒×2セット行なってみましょう。

手を左右交互に動かす「プランクウォーク」

画像:WEBGYM

四つ這いの状態で、肩の真下に置いた手のひらとつま先でバランスを取ります。頭から足までが一直線になるようにしてください。この基本のポジションから、右手を前に出したら次は左手を前に、右手を後ろに下げたら、次は左手を下げましょう。

画像:WEBGYM

左右交互に手を動かしながら、常にお腹の筋肉に力を入れるといいですね。お尻が上がってしまったり、腰が反ってしまったりしないよう注意しながら、1分間頑張りましょう。

【関連記事】テレビを見ながら“美ボディ”に!? 全身をほぐすための「ながらセルフケア」3選

 

いかがでしたか? お風呂が沸くまでの時間や、テレビCMの合間などのスキマ時間を活用して、今年こそ理想の“痩せ見え”お腹をゲットできるといいですね!

【画像・参考】
ヘルシーボディ〜お腹〜サイドプランクシークエンス」、毎日3分お腹トレ♪「ダイアゴナルプランク」、「プランクウォーク」/WEBGYM
※Halay Alex/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上