WEBGYM

1日3分で“シックスパック”を目指せる!ジムスタッフおすすめ「体幹トレ」3選

縦横に線がはいる腹筋は、多くのトレーニーにとって憧れではないでしょうか。薄着になる夏だからこそ、すっきりとしたお腹で“シックスパック”を手に入れられたらいいですよね。

そこで今回は、トータル3分間の体幹トレーニングを紹介します。

時短トレと侮ることなかれ! グラグラと揺れたり、絶えず動き続けたりすることで、効果を出してみてくださいね。

対角線上の手と足を持ち上げる「ダイアゴナルプランク」

画像:WEBGYM

四つ這いになったら、肩幅と同じくらい手を広げてください。次に、膝を床から離して頭から足まで一直線になるようにします。このとき、肩の真下に手の平がくるようにしましょう。

画像:WEBGYM

基本の姿勢を作ったら、対角線上の手と足を床から離して、15秒ほどこの体勢をキープしてください。腕は耳の横につけて、指先を遠くに伸ばしましょう。足はお尻が上がらない程度に持ち上げて、腰が反らないように気をつけるといいですね。

手足を入れ替えて、逆側も行います。慣れてきたら、30秒×2セット行ってみましょう。

地味だけどキツい!「足上げツイスト腹筋」

画像:WEBGYM

膝を立てた状態で座り、後ろ側で手をつきます。このとき、指先を身体側に向けるようにしましょう。腰を丸めて両足を上げたら、左右方向へのひねりを加えながら膝を胸に近づけてください。

画像:WEBGYM

ウエストや下腹部の筋肉を使っていることを意識しましょう。目安として左右の両方向、それぞれ10回ずつひねってください。

「V字クランチ」で最後の追い込みを

画像:WEBGYM

お腹の正面にある腹直筋以外にも、股関節周りの筋肉や太ももの筋肉にもアプローチできるトレーニングです。

仰向けになったら、膝をまっすぐに伸ばしてください。両手はバンザイのポーズで頭の上に置きます。その基本姿勢から上体と下半身を持ち上げて、Vの字を作りましょう。

画像:WEBGYM

指先でつま先に触れるように、バランス良く上下の身体を5回持ち上げてください。限界まで持ち上げたら、元の姿勢にゆっくりと戻ります。Vの字になるときに息を吸い、戻るときに吐くといいですね。1セット10回を目安に、頑張りましょう。

【関連記事】身体作り“痩せ体質”を目指すなら下半身から!1日3分の「お手軽ワークアウト」

 

いかがでしたか? 最後のV字クランチを終えると、筆者も息が上がってしまいましたが、それはしっかりトレーニングできたという証拠です。徐々にセット数を増やすなどして、理想の“シックスパック”に向けて身体を仕上げていけるといいですね。

【画像・参考】
※男性の為の上半身メニュー Level3/WEBGYM
※Billion Photos/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上