WEBGYM

まるで整形級!? 筋トレだけで叶える“1日3分だけ”の「バストアップトレーニング」3選

美しいバストラインを手に入れたいなら、バストの土台となる“胸の筋肉”を鍛えてみるのはいかがでしょうか? 乳房の下にある“大胸筋”がエクササイズによって発達すると、バスト全体がボリュームアップしたように見えるはず!

そこで今回は、1日3分でOKな“胸筋”にフォーカスしたトレーニングを紹介します。基本の腕立て伏せから派生系までマスターして、“美バスト”を目指しましょう。

まずは基本の腕立て伏せ「プッシュアップ」

画像:WEBGYM

手は肩より広めの位置に置き、胸を床に近づけるように動きます。床につくギリギリの位置で一度止まり、両手で床を押すようなイメージで身体を元に戻しましょう。胸の付け根を意識して動けるといいですね。

画像:WEBGYM

ポイントは、お腹にグッと力を入れて、常に頭からかかとを一直線に保つようにすること。まずは10回1セット頑張ってみましょう。

膝付き腕立て伏せ「ナロープッシュアップ」

画像:WEBGYM

プッシュアップと同様に腕立て伏せのポジションを作り、膝とつま先を床につけます。手は肩幅よりも狭い位置に置いてください。そこから、脇を締めた状態で肘の曲げ伸ばしを行います。お腹と背中に力を入れて、頭からかかとまでを一直線に保ちましょう。

画像:WEBGYM

胸は地面につけずに、軽く浮かせたところで一度停止することがポイントです。10回1セット、反動をつけずにゆっくり行ってください。

「ジャンピング」で胸と腕を追い込む

画像:WEBGYM

手は肩より広めの位置に置き、胸を床に近づけるように動きます。床につくギリギリの位置で一度止まり、両手で床を押すようなイメージで身体を元に戻しましょう。この身体を戻すときに、ジャンプをして手を叩いてください。

画像:WEBGYM

ポイントは、お腹にグッと力を入れて、常に頭からかかとを一直線に保つようにすること、胸の付け根を意識して動くことです。筋トレに慣れていない人にはキツいかもしれません。まずは8回1セットを目安に頑張ってみましょう。

【関連記事】1日3分だけの「尻トレ」簡単&時短ワークアウトで“美尻”を目指そう!

 

いかがでしたか? 仕上げのジャンピングプッシュアップは、宅トレに慣れている筆者でもなかなか追い込まれます。その分“美バスト”に近づいているはずなので、ぜひ続けてみてください。

【画像・参考】
※胸を鍛えて魅せる身体に!/WEBGYM
※Africa Studio/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上