WEBGYM

1日たった3分で“美尻”をゲット!お尻を引き上げる「ヒップアップ」トレーニング3選

引き締まった上向きの“美尻”は、タイトなボトムスを履きこなすために必要な要素の一つ。憧れている方も多いのではないでしょうか? そんな美しいヒップラインを手に入れるためには、お尻の筋肉を意識的に鍛えることが重要だと考えています。

しかし、日本人は骨盤を意識して歩くことが苦手なため、お尻の筋肉を上手く使うことができないという傾向があるのだそう。なので、筆者に日常的にお尻のトレーニングをよく行うようにしています。

そこで今回は、筆者おススメの1日3分でできる3つの“美尻”ワークアウトをご紹介します。憧れのヒップラインを目指すために、ぜひトライしてみてください!

お尻周りの筋肉に「ヒップリフト」

画像:WEBGYM

仰向けに寝転がり、膝を曲げます。手は楽な位置に置きましょう。その姿勢から、足の裏を床から離さないように注意しつつ、お尻の上げ下げを繰り返すのがヒップリフトの動きです。

画像:WEBGYM

腰を反らし過ぎないように気をつけて、身体が一直線になる位置までお尻を持ち上げてください。お尻を上げたら一瞬キープ。全体的にゆっくりとした上げ下げを心がけると、より負荷をかけやすくなります。まずは15回、慣れてきたら30回を目安に頑張ってください。

お尻の横の筋肉に「ヒップアブダクション」

画像:WEBGYM

横向きに寝た状態で、上側の脚を斜め後ろに引きながら上下に動かしましょう。ヒップラインを美しく見せるために必要な筋肉が使われます。

画像:WEBGYM

腰が浮かないように、骨盤を固定するのがおススメです。脚を上げきったら、1秒程静止するのもいいですね。お尻の横の筋肉を意識しながら、両方の脚で15回ずつ上げ下げしましょう。

お尻の横と内ももに「ワイドスクワット」

画像:WEBGYM

足を肩幅よりも大きく開き、45度くらいの角度でつま先を外側に向けてハの字を作ります。目線は下げずに前を向くようにしましょう。この基本姿勢から、イスに座るようなイメージで膝を曲げて、ゆっくりと腰を落としていきます。

画像:WEBGYM

床と太ももが平行になるくらいの位置まで下げられるといいですね。つま先と膝が一直線になるように姿勢を保ちながら、10回トライしてみましょう。

【関連記事】1日3分で“美尻”を叶えよう♡ 「上向きのお尻」を目指せる筋トレ3つ

 

いかがでしたか? 最後に紹介したワイドスクワットは筆者のお気に入りのトレーニングです。足の向きや視線を意識しながらワークアウトを行なってくださいね。

【画像・参考】
※忙しい人の為のお尻トレーニング!/WEBGYM
※Syda Productions/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上