WEBGYM

【3分でOK】肩の疲れにはストレッチより“筋トレ”?「肩こり解消を目指すトレーニング」3つ

肩こり解消のために取り組んでいることはありますか? 首や肩周りのストレッチを行っているという人は、トレーニングにトライしてみるものおすすめです。固く縮こまった筋肉を動かすことで、身体がぽかぽかして肩もすっきりしてくるはずです。

そこで今回は、ジムスタッフの筆者がおすすめする肩周り中心のお手軽ワークアウトを3つ紹介します。

【関連記事】脚の“筋力低下”を招かないために!今から始めたい「1日3分お手軽トレーニング」

 

肩から背中までを刺激する「ベントオーバーフロントレイズ」

画像:WEBGYM

身体を45度まで倒し、膝と股関節も曲げます。肩甲骨を下げつつ胸を張り、基本のポジションをしっかりと作りましょう。その姿勢のまま、両手を万歳の要領で上げていきます。

画像:WEBGYM

ポイントはゆっくりと上げ、ゆっくりと下ろすこと。耳の横のラインまで手を上げ、肩甲骨の下に力が入るように意識するとより良いですね。目安として、まずは10回頑張ってください。

上半身を鍛える「ベントオーバーサイドレイズ」

画像:WEBGYM

肩から背中までの上半身の筋肉に働きかけるトレーニングです。肩幅程度に足を開いて立ち、腰を45度くらい曲げます。背中を丸めないように注意しながら、両手を横に広げましょう。

画像:WEBGYM

首を長く保ち、肩に力が入り過ぎないようにします。肩甲骨を意識しながら、30回を目安に行いましょう。慣れてきたら、ダンベルの代わりにペットボトルを持つのもいいですね。その場合、肘が伸び切った状態だと首や肩に力が入りやすくなるので、若干曲げた状態で動かすことをおすすめします。

肩から捻る「ショルダーローテーション」

画像:WEBGYM

背筋を伸ばして立ち、腕は身体の横に下ろしておきます。胸を張ったら、肩を起点として腕を回転させてください。

手首を捻るのではなく、肩から捻るのがポイントです。肘はまっすぐに伸ばし、肩甲骨を寄せて、10回繰り返しましょう。肩から肩甲骨までの筋肉がほぐれるのを感じられるはずです。

【関連記事】1日3分で“お尻”に磨きをかける!ジムスタッフお気に入りの「ヒップトレーニング」

 

いかがでしたか? 肩こり解消のためには、トレーニングによる筋肉への刺激も大切です。継続することで、筋肉の柔軟性がキープしやすくなるといいですね。

【画像・参考】
※「脱・肩こり」トレーニング/WEBGYM
※ MIA Studio/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上