WEBGYM

【お目覚め後の筋トレ習慣】毎朝3分のお手軽筋トレメニューとは?

毎日暑くてシャキッとしない……そんな悩みを抱えている人にオススメなのが、朝の時間を使った短時間のトレーニングです。筆者自身、早い時間帯に筋肉を刺激することで、仕事に対する集中力が上がることを感じています。

そこで今回は、トータル3分間で全身をバランス良く鍛えられるメニューをご紹介! 毎日3分だけ早起きをして、時短トレーニングに励みましょう。

朝から筋肉を目覚めさせるスクワット

画像:WEBGYM

スクワットは、下半身全体を効率良く鍛えられるトレーニングです。特に刺激されるのは、お尻と太ももでしょう。足を肩幅程度に開き、爪先を気持ち外側に向けます。その基本姿勢から、椅子に座るようなイメージで、腰を下ろしては上げる動きをゆっくりと繰り返します。

画像:WEBGYM

お尻を後ろに突き出して、股関節から曲げるようにしましょう。また、膝がつま先よりも前に出ないよう注意してください。背筋を伸ばし、腹筋に力を入れて、10回繰り返していきます。

二の腕にも刺激を与える「ナロープッシュアップ」

画像:WEBGYM

胸だけでなく、二の腕部分の筋肉“上腕三頭筋”まで鍛えられるトレーニングです。

まずは腕立て伏せのポジションを作ります。手の幅は肩幅よりも狭く、肩の真下に置くイメージです。そこから、脇を締めた状態で肘の曲げ伸ばしを行います。二の腕の筋肉を意識して、頭からかかとまでを一直線に保ってください。

画像:WEBGYM

胸は床につけずに、ギリギリのところで少しの間停止するとより負荷をかけられるのでおすすめです。初めは10回1セット行い、慣れてきたら回数やセット数を増やしていきましょう。

腕を「W」の形に「バックエクステンションW」

画像:WEBGYM

背中からお尻、太ももまで、バランス良く背面が鍛えられるトレーニングです。うつ伏せの状態で、手はまっすぐバンザイのポジションに。上半身を起こしながら、肘を後ろに引きます。

画像:WEBGYM

脇を締めて、反動をつけずにゆっくりと行うとより筋肉にアプローチできます。また、上体を反らしたとき、肩甲骨をしっかりと寄せるといいですね! まずは10回を目安に取り組みましょう。

【関連記事】1日3分で“美くびれ”をゲットしよう♡ ジムスタッフおすすめ「体幹トレ」にトライ

 

いかがでしたか? 仕事やお出かけなど、本格的な活動を始める前に筋肉を動かすと、うれしいメリットがたくさんあります。毎朝3分間の早起きで習慣化して、健康体を目指しましょう!

【画像・参考】
※毎朝3分の筋トレ生活/WEBGYM
※amenic181/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上