WEBGYM

“脚の疲れ”をリフレッシュ!立ちながらでもできる「脚ストレッチ」3つ

立っていても座っていても、“脚の筋肉”に疲れを感じやすくありませんか? 疲れが痛みに変わる前に、なるべく小まめなセルフケアを心がけたいところですよね。

そこで今回は、立ちながらでOKな下半身中心のストレッチを3つ紹介します。自宅でも外出先でも、スキマ時間を活用してパパッとボディケアをしちゃいましょう。

片足立ちで行う「太ももの前のストレッチ」

画像:WEBGYM

立った状態で片足を折りたたみ、踵とお尻を近づけます。ももの前側の筋肉がググッと伸びていることを意識しましょう。バランスを崩してしまう場合は、壁に片手をつくといいですね。折りたたむ足を入れ替えて、30秒ずつキープしましょう。

心地良いと感じる程度に体重を乗せる「内もものストレッチ」

画像:WEBGYM

足を左右に大きく開いて、片側に体重を乗せます。内ももの筋肉が伸びているか、確かめながら続けましょう。各足30秒ずつ行ってください。

後ろ足を内側に「ふくらはぎのストレッチ」

画像:WEBGYM

足を前後に開いて立ち、後ろ足のつま先を内側に向けます。心地良いと感じる程度を保ちながら、ふくらはぎの筋肉を伸ばしましょう。左右の足をそれぞれ30秒ずつ伸ばせたら終了です。

【関連記事】短時間で“カチコチ筋肉”をほぐす!ジムスタッフも実践する「肩周りトレーニング」

 

いかがでしたか? 立ったままの姿勢で、テレビや配信動画を見ながら行えるストレッチ。下半身の疲れが溜まる前に、ぜひ実践してみてください。

【画像・参考】
※立ちながら脚スッキリストレッチ/WEBGYM
※Jacob Lund/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上