WEBGYM

1日3分で“太ももの隙間”を叶える♡ お手軽下半身トレーニング3つ

両脚を揃えて立ったとき、太ももに隙間がある引き締まった脚は多くの女性の憧れでしょう。一方で、内ももは日常生活を送る上では使う機会が少ない部分。そのため、意識的に鍛えていく必要があります。

そこで今回は、内ももやお尻の筋肉を刺激できるトレーニングを3つご紹介します。美脚を目指したい人は、ぜひトライしてみてください。

【関連記事】1日3分で“体幹”を強化!ジムスタッフ厳選の「寝るだけ&支えるだけ」の簡単トレ

 

内ももを鍛える「アダクション」

画像:WEBGYM

横向きに寝転がります。足をクロスさせるようなイメージで、上側の足を前に出しましょう。手のひらと足の裏でバランスを取りながら、下の足を上下に動かしてください。このとき、つま先を正面に向けて、親指側から上に持ち上げるとよいでしょう。

画像:WEBGYM

また、腰が浮かないように骨盤を固定しましょう。反動を利用するのではなく、内ももの筋肉を意識してゆっくりと動かしてください。目安として、両方の足を15回ずつ持ち上げましょう。

足の付け根から回す「サイドプランク&ヒップローテーション」

画像:WEBGYM

身体を横向きにして、肘と膝とでバランスを取ります。このとき、頭から膝までが一直線になるように気をつけながら、上側の足を回しましょう。

画像:WEBGYM

お尻の横の筋肉を意識して、足の付け根から大きく回すとより筋肉を刺激できます。両方の足をそれぞれ30秒ずつ回してください。

脚を大きく広げる「ワイドスクワット」

画像:WEBGYM

通常のスクワットよりも、お尻や内ももの筋肉に刺激を与えやすい派生系のトレーニングです。脚を肩幅よりも大きく開いて、45度くらいの角度でつま先を外側に向けて“ハの字”を作ります。目線は下げずに前を向くようにしましょう。この基本姿勢から、イスに座るようなイメージで膝を曲げて、ゆっくりと腰を落としていきます。

画像:WEBGYM

床と太ももが平行になるくらいの位置まで下げられると良いですね。つま先と膝が一直線になるように姿勢を保ちながら、10回トライしてみましょう。

【関連記事】寝ながら“体幹”がラクに鍛えられる!ジムスタッフ厳選「ストレッチ&筋トレ」5つ

 

いかがでしたか? 今回は、太ももやお尻の筋肉にアプローチできるワークアウトを紹介しました。家事の合間などに手軽に取り組めるトレーニングメニューなので、ぜひ続けてみてください。

【画像・参考】
※目指せ!内ももに三角の隙間!/WEBGYM
※diego_cervo/PIXTA(ピクスタ)

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上