WEBGYM

短時間の宅トレで“美尻”をゲット!ジムスタッフおすすめトレーニング5選

ボディメイクにおいて、“美尻”を目指す人も多いのではないでしょうか? 筆者はジムでトレーナーを務めていますが、トレーニングで引き締めたい箇所といえば、“お尻”という方が多いです。

そこで今回は、“美尻”を目指すためのトレーニングメニューを5つご紹介。自宅でできる簡単なメニューなので、ぜひ挑戦してみてください。

【関連記事】1日3分で“お尻”に磨きをかける!ジムスタッフお気に入りの「ヒップトレーニング」

 

片足を回す「ヒップサークル」

まずは肩の下に手、股関節の下に膝を置いて四つん這いの姿勢を取ります。

画像:WEBGYM

膝を曲げたまま、片足を回していきましょう。盤が動きすぎないように股関節から回すのがポイントです。足を上げたときにお尻に力が入っていることを意識してみてください。

お尻を持ち上げる「ヒップリフト」

画像:WEBGYM

すねが床に垂直になるところに足を置きます。そのまま、お尻の上げ下げを繰り返してください。お尻は身体が一直線になるところまで持ち上げ、上げきったところでお尻をキュッとしめるようにしてみましょう。腰を反ってしまわないよう、お腹に力を入れながら行うこともポイントです。

「ヒップアブダクション」は骨盤を固定して

画像:WEBGYM

背中が丸まらないように横向きに寝転がります。足を斜め後ろに引き、上下に動かします。お尻の横を意識しながら行うのがポイントです。骨盤が動きすぎると、お尻の横以外の筋肉を使ってしまうので、しっかりと固定しておきましょう。

「ワイドスクワット」でお尻の横を刺激

画像:WEBGYM

足を肩幅よりも広く置きます。椅子に座るようなイメージでお尻から下りていくようにしましょう。太ももと床が平行になるまで、しっかりと深く下りるとお尻に効きやすくなります。つま先と膝の向きをそろえ、背中が丸まらないようにも注意しましょう。

「フロントランジ」で下半身全体に刺激を

画像:WEBGYM

足を前後に開きます。後ろのかかと持ち上げたまま、膝を床に近づけていきましょう。体重を真下に下ろすようにしていきます。膝とつま先の向きをそろえて行いましょう。

【関連記事】美尻を1日3分で作る!ながらOKのおうちワークアウト<3選>

 

いかがでしたか? まずは、それぞれ10回を目安に実施してみてくださいね。継続して行うことで美尻を手に入れましょう!

【画像・参考】
※自宅で完結!ヒップアップトレーニング/WEBGYM
※Stockshakir/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上