WEBGYM

“基礎体力UP”にはランニングを取り入れよう!走る前の「簡単ストレッチ」3選

寒い季節だとつい敬遠しがちな運動ですが、この時期にしっかりやっておくと来年の体力がUPするはずです! ランニングで基礎体力をつけてみてはいかがでしょうか?

また、ランニングをより楽しみたいなら、事前にストレッチをしっかり行えるといいですね。

そこで今回は、簡単なストレッチを3つ選んでみました。ぜひウォーミングアップに取り入れてみてください。

【関連記事】ジムスタッフが選ぶ「3分だけの効率トレーニング」!背中・二の腕・お尻を引き締め

 

太ももの後ろ側をケアする

画像:WEBGYM

足を伸ばした状態で床に座ります。片足を曲げて、足裏をももにつけましょう。伸ばした足のつま先を外に向けながら、上体を前に倒します。

気持ちがいいと感じる程度に、もも裏の筋肉に刺激を与えてください。足を入れ替えて、30秒ずつストレッチしましょう。

股関節のストレッチ

画像:WEBGYM

四つん這いのポーズをしたら、足を前後に大きく開きます。股関節の動きを意識しながら、後ろ側の足をひねりましょう。

画像:WEBGYM

関節の可動域は人それぞれなので、無理のない範囲で行うといいですね。足を入れ替えて、30秒ずつ取り組んでください。

ふくらはぎのストレッチ

画像:WEBGYM

足を前後に開いて立ち、後ろ足のつま先を内側に向けます。ふくらはぎが伸びているか、確かめながら続けましょう。左右の足をそれぞれ30秒ずつ伸ばして、心地いい刺激を楽しんでください。

【関連記事】1日3分でOK!ベッドの上でできる「おやすみ前のお手軽ストレッチ」3選

 

いかがでしたか? 簡単なストレッチを少し行うだけで、そのあとの身体の動きに繋がるだけでなく、怪我の予防も行いやすくなります。ランニングや運動を元気な身体で続けるためにも、ぜひ取り入れてくださいね。

【画像・参考】
※ランナーのためのラン前ケア/WEBGYM
※Fast&Slow/PIXTA

※本サイトにおける医師および各専門家による情報提供は、診断行為や治療に代わるものではなく、正確性や有効性を保証するものでもありません。また、医学の進歩により、常に最新の情報とは限りません。個別の症状について診断・治療を求める場合は、医師より適切な診断と治療を受けてください

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上