WEBGYM

効率的に“脂肪燃焼”できるコツとは?ラン前にやるべき「ウォーミングアップ」

お家にいる時間が増えてきて、リフレッシュを兼ねて健康維持のために、外でのランニングを始めてみようと考えている方も多いのではないでしょうか?

走り出す前には、ストレッチと合わせて軽めの筋力トレーニングを行えるといいですね。筆者の経験上、ランニングの前に大きな筋肉を刺激しておくと、脂肪燃焼効果の向上が期待できるからです。

そこで今回は、ランナー向けの筋トレを3つ紹介します。ウォーミングアップとして、ぜひトライしてみてください。

【関連記事】筋力が衰えるとどうなる…?トレーナーが教える「筋力維持のポイント&お手軽トレ」10選

 

基本の体幹トレーニング「プランク」

画像:WEBGYM

体幹群の筋肉を刺激するトレーニングです。うつ伏せになった状態で前腕と肘、つま先を床につけます。あとは、その姿勢をキープするだけのシンプルさから注目を浴びています。

大切なのは、お腹に力を入れること。お尻を締めること。頭からかかとまでを一直線に保つことです。これらのポイントをしっかり意識することで、より達成感を得られやすくなるでしょう。

辛くなってくると、腰が反れがちになります。フォームの崩れに注意しながら、30秒間×2セット頑張ってください。

腕を「W」の形に「バックエクステンションW」

画像:WEBGYM

背中からお尻、太ももまで、バランス良く背面が鍛えられるトレーニングです。うつ伏せの状態で、手はまっすぐバンザイのポジションに。上半身を起こしながら、肘を後ろに引きます。

画像:WEBGYM

脇を締めて、反動をつけずにゆっくりと行うと効果的です。また、上体を反らしたとき、肩甲骨をしっかりと寄せるといいですね! まずは10回を目安に取り組みましょう。

下半身のトレーニングといえば「スクワット」

画像:WEBGYM

スクワットは、下半身全体の筋肉を効率良く刺激できるトレーニングです。特に鍛えられるのはお尻と太ももでしょう。足を肩幅程度に開き、爪先を気持ち外側に向けます。その基本姿勢から、椅子に座るようなイメージで、腰を下ろしては上げる動きをゆっくりと繰り返します。

画像:WEBGYM

お尻を後ろに突き出して、股関節から曲げるようにしましょう。また、膝がつま先よりも前に出ないよう注意してください。背筋を伸ばし、腹筋に力を入れて、10回頑張ってください。

【関連記事】筋力が衰えるとどうなる…?トレーナーが教える「筋力維持のポイント&お手軽トレ」10選

 

いかがでしたか? 3分間で主要な筋肉をしっかり温めることができるので、ランニング前だけでなく、忙しい日のワークアウトとしてもおすすめです。ぜひ挑戦してみてください。

【画像・参考】
※ランニング効果を高める5分トレ/WEBGYM
※takayuki/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上