WEBGYM

“食べ過ぎ”がなかったことに!? 脂肪がつく前に試したい「3分トレーニング」

春は新年度で職場などでもお祝いの行事が多く、普段よりも人と会う機会が増えてくるシーズンです。余分に摂ったカロリーをそのままにしておくと、お腹周りのお肉に変わって洋服がワンサイズオーバーなんてことも……。

そこで今回は、食べ過ぎたあとにぜひやって欲しい「ちょっとだけハードな脂肪撃退メニュー」をご紹介します。1日3分の筋トレなので、スキマ時間を活用してすっきりとしたお腹周りを目指しましょう。

ひねって腰回りを刺激する「ツイストクランチ」

画像:WEBGYM

斜めの方向に上半身を持ち上げて、身体をひねりましょう。お腹の横側の筋肉が、伸び縮みしているのを感じられるはずです。このとき、両手の指先を均等に上げること、足を動かさないことがポイントですね。

上体を上げたまま3秒程キープして、ゆっくり戻すと、さらに効果的なトレーニングになります。左右の両方向、各10回ずつを目安に行ってください。

簡単だけど奥深い「プランク」

画像:WEBGYM

うつ伏せになった状態で前腕と肘、つま先を床につけます。あとは、その姿勢をキープするだけでOKなトレーニングです。いくつかのポイントを意識することで、より確かな達成感を得られるでしょう。

大切なのは、お腹に力を入れること。お尻を締めること。頭からかかとまでを一直線に保つことです。辛くなってくると、腰が反れてしまう傾向があります。フォームの崩れに注意しながら、30秒間×2セット頑張りましょう。

脇腹の筋肉を刺激する「サイドプランク」

画像:WEBGYM

横向きになり、肘を曲げて床につけます。両脚は重ねて伸ばしましょう。姿勢が安定したら、腕と足で支えつつ、身体を持ち上げてください。プランクの別バージョンですが、こちらにもいくつかのポイントがあります。

前から見たときに、頭からかかとまでを一直線にキープすること。上から見たときにも、頭からかかとまでを一直線に保つこと。両方のウエストのくびれを均等に維持することです。頭が前に出たり、腰が曲がっていたりすると、身体を痛める原因にもなります。脇腹の筋肉を意識しながら、30秒間×2セット取り組みましょう。

関連記事:あっ腰痛かも?と感じたら試したい「お腹周りを鍛える超簡単トレ」3つ

 

いかがでしたか? 春に向けて、軽やかコーデを楽しむためにもお腹周りの時短筋トレに励みましょう!

【画像・参考】
※まだ間に合う!正月太りを撃退する脂肪解消メニュー/WEBGYM
※Diana Grytsku/Shutterstock

\ 自分を信じて”理想のカラダへ” /

~ 【部位】で選ぶ ~

#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 # # # #手首 #足首 # # #腹筋 #くびれ

~ 【目的】で選ぶ ~

#ボディメイク #シェイプアップ #ダイエット #筋トレ #パフォーマンス向上 #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠