WEBGYM

1日3分“寝転ぶ”だけ!超簡単な「ほぐしストレッチ」で鈍った体をリフレッシュ

リモートワークや外出自粛に伴う運動不足で、身体がカチコチになっている方はいらっしゃいませんか? そんな方には手軽に取り組める時短ストレッチがおすすめです!

今回は、寝ながらでもできる下半身中心のストレッチを3つ選んでみました。お家でのゴロゴロタイムにプラスして、リフレッシュしましょう。

足を上げる「もも裏の動的ストレッチ」

画像:WEBGYM

仰向けになり、脱力します。自然な呼吸を心掛けながら、片足を天井に向かって上げましょう。

膝を伸ばし、腰を浮かせないように注意してください。動かせる範囲を少しずつ広げていくとより良いですね。左右それぞれ30秒ずつ行いましょう。

横向きになって「太ももの前のストレッチ」

画像:WEBGYM

横向きに寝転がります。上側の膝を曲げて、かかとをお尻に近づけてください。心地良いと感じる位置で止めて、左右それぞれ30秒ずつキープしましょう。

同じストレッチを立ったまま行うこともできますが、寝ながら行うとバランスが安定して、怪我も予防しやすくなるので、この方法で行うことを筆者はおすすめします。

目線がポイント「腰のストレッチ」

画像:WEBGYM

両腕を広げて仰向けになったら、片足を横に向けて倒します。腰をひねるようなイメージですね。足を倒した向きと逆方向に目線を向けると、より腰がストレッチされるのを感じるでしょう。

何度か足を組み替えて、トータル1分程度伸ばしましょう。

【関連記事】布団の中でできちゃうストレッチ!? たった3分の「時短カラダケア」

 

いかがでしたか? お家での時間を有効活用して、より健康的な生活に近づけるといいですね! 寝ながらできるストレッチ、ぜひ試してみてください。

【画像・参考】
※布団に入って寝ながら3分ケア/WEBGYM
※Africa Studio/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上