WEBGYM

“背中”って意外と見られてる!? すっきりとした「後ろ姿」に仕上げる時短筋トレ

自分の後ろ姿を意識することはありますか? 鏡でも使わない限り、自分の目では見る機会があまりないと思いますが、他の人はしっかり見ているのが「背中」なんです!

身体の中でも広い面積を占めている部位でもありますし、オフィスシーンやエレベーターを待つときなどに、あなたも他の人の背中をついつい眺めているのではないでしょうか。そんな見られがちな背中を中心に鍛えられるトレーニングを3つ紹介します!

腕が「W」の形になる「バックエクステンションW」

画像:WEBGYM

背中からお尻、太ももまで、バランス良く背面が鍛えられるトレーニングです。うつ伏せの状態で、手はまっすぐバンザイのポジションに。上半身を起こしながら、肘を後ろに引きます。

画像:WEBGYM

脇を締めて、反動をつけずにゆっくりと行うのがポイント。また、上体を反らしたとき、肩甲骨をしっかりと寄せるといいですね!まずは10回を目安に行いましょう。

片足を曲げる「レッグカール」

画像:WEBGYM

腰を丸めながら、上半身を前に倒します。前についた手でバランスを保ちながら、片足のかかとをお尻に近づけるようなイメージで曲げましょう。

画像:WEBGYM

太ももの後ろ側の筋肉を意識しながら、左右の足で15回ずつ繰り返してください。

腕をパタパタする「ペンギンの羽エクササイズ」

画像:WEBGYM

肩幅程度に脚を広げた状態で立ち、肘を伸ばした腕を背中側に向けます。肩甲骨を寄せるように意識しながら、パタパタと腕を閉じたり開いたりします。

画像:WEBGYM

この動きが、まるでペンギンの羽のようで愛らしいんです! 二の腕の筋肉が刺激されていることを確かめながら、1分間頑張りましょう。

【関連記事】“後ろ姿”から好印象になる筋トレ!出会いの春にぴったりの「時短トレーニング」

 

自分では見えないところまで鍛えられたら、美意識の高さのアピールにもなりそうです。自信を持てる背中を目指して、ぜひ取り組んでみてください。

【画像・参考】
※背中美人メニュー/WEBGYM
※Ushico/PIXTA(ピクスタ)

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上