WEBGYM

たるんだお尻から“美尻”へ♡ 夏までに試したい「究極の尻トレ」10選

おうち時間で座る機会も増え、“お尻のたるみ”が気になってきていませんか……? お尻が気になってくると、洋服もお尻を隠すような服ばかりを選ぶようになってしまいますよね。

そこで今回は薄着になる季節に向けて、お尻を徹底トレーニング! 美尻を目指す“究極のお尻トレーニング”10選をご紹介。

たるみ尻から脱却して、自信をもって薄着や水着を着こなせるような、360度抜かりないスタイルを目指しましょう♡

くつろぎ中にできる♡ 寝ながら尻トレ
(1)姿勢も意識したい「ヒップリフト」
(2)結構きつい「シングルレッグヒップリフト」
(3)テレビを観ながらでも!「ヒップアブダクション」
(4)「サイドプランク&ヒップローテーション」は股関節を使って

意外ときつい…!立ちながら行う尻トレ
(5)バランスも意識!「シングルレッグデッドリフト&ニー」
(6)ポイントをおさえたい「スクワット」

“美尻バンド”で応用編にチャレンジ
(7)腰も意識して行う「クラムシェル45°」
(8)バンドでぶれずに行いたい「ヒップアブダクション」
(9)バンドの抵抗に負けない!「ヒップリフト」
(10)「スクワット」は椅子に座るイメージで

寝ながらできちゃう♡ くつろぎ中に挑戦したい4選

まずは、寝ながらでもできるトレーニングを4つご紹介します。テレビを観ながら、くつろぎながらできるので、無理なく毎日の生活に取り入れられそうですよ。

(1)姿勢も意識したい「ヒップリフト」

画像:WEBGYM

仰向けになり、膝を立てた状態からスタート。腕を伸ばし、手のひらを下にした状態で体側に自然に揃えます。そこからお尻を天井に向かって押し上げていきましょう。

■『ヒップリフト』のポイントはこちら

 

(2)結構きつい「シングルレッグヒップリフト」

画像:WEBGYM

仰向けになり膝を立て、手のひらを下にして腕を体側に揃えて置いたら、片足だけ膝を立てた状態から真っ直ぐ伸ばします。あとはそこからお尻を天井に向かって上げるだけ。

■『シングルレッグヒップリフト』のポイントはこちら

 

(3)テレビを観ながらでも!「ヒップアブダクション」

画像:WEBGYM

腕を枕にし、横向きに寝転びます。そこから足を斜め後ろに引き、上下に動かしていきます。

■『ヒップアブダクション』のポイントはこちら

 

(4)「サイドプランク&ヒップローテーション」は股関節を使って

画像:WEBGYM

足を曲げ、腕と足を支えにして横を向きます。身体が一直線になるように意識してみてください。そこから上の方の足を、付け根から大きく回していきます。

■『サイドプランク&ヒップローテーション』のポイントはこちら

 

意外ときつい…立ちながら行う尻トレ

ここからご紹介するのは、立って行う尻トレ。寝ながら行うものよりも結構きついものも……ぜひ挑戦してみてください!

(5)バランスも意識!「シングルレッグデッドリフト&ニー」

画像:WEBGYM

左足だけで立ったら、背中と床が並行になるように身体を前に倒し、そこから身体を起こします。

■『シングルレッグデッドリフト&ニー』のポイントはこちら

 

(6)ポイントをおさえたい「スクワット」

画像:WEBGYM

続いては、よくトレーニングで取り組まれやすいスクワット。足を肩幅ほどに広げて立ちます。そこから椅子に座るイメージで膝を曲げていきます。

■『スクワット』のポイントはこちら

 

“美尻バンド”で応用編にチャレンジ

最後に、流行りのエクササイズバンドを使ったトレーニングをご紹介します。いつものトレーニングに慣れてきた方や飽きてしまった方はぜひこちらもトライしてみてくださいね。

(7)腰も意識して行う「クラムシェル45°」

画像:WEBGYM

バンドを太ももに巻いたら横向きで寝転び、両膝と両足をつけます。そのままお尻に力を入れながら、くっつけていた膝を離していきます。

■『クラムシェル45°』のポイントはこちら

 

(8)バンドでぶれずに行いたい「ヒップアブダクション」

画像:WEBGYM

(3)でご紹介した『ヒップアブダクション』は、美尻バンドでもできちゃいます。姿勢よく立ちバンドを両足で踏んだら、片足を真横に伸ばします。

■『ヒップアブダクション』のポイントはこちら

 

(9)バンドの抵抗に負けない!「ヒップリフト」

画像:WEBGYM

『ヒップリフト』も美尻バンドを使ったバージョンで挑戦してみましょう。バンドを両ももに巻いた状態で仰向けに寝転んだら、3秒かけてゆっくりとお尻を上げていき、そこから3秒かけてお尻を下ろしていきます。

■『ヒップリフト』のポイントはこちら

 

(10)「スクワット」は椅子に座るイメージで

画像:WEBGYM

『スクワット』も美尻バンドの抵抗を使いながら行いましょう。太ももに美尻バンドを巻き、足を広げて立ったら椅子に座るイメージで膝を曲げていきます。

■『スクワット』のポイントはこちら

 

【関連記事】理想のヒップは“ながら”で鍛えられる!超簡単な「美尻トレ」3選

 

いかがでしたか? どれもおうちで簡単に挑戦できるものばかりなので、ぜひ好きな種目を見つけて取り入れてみてくださいね。(文/believe編集部)

【画像・参考】
※3分徹底ヒップアップ 初級・中級、美尻 level Ⅰ・Ⅱ、寝ながら美尻メニュー、3分うしろ姿対策 初級/WEBGYM
※Roman Samborskyi/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上