WEBGYM

休暇太りで気になる“ぽっこりお腹”に!「3分時短トレ」でアプローチしてみて♡

だんだんと気温が上がってきて、日中であればTシャツ1枚でも快適に過ごせるようになってきましたよね。薄着になると、体型を気にするようになり、トレーニングを始めようとする方も多いのではないのでしょうか。

でも、辛いトレーニングはなかなか長続きしませんし、忙しくて時間を作るのが大変ですよね。そこで今回は、短時間でできるお腹のトレーニングを紹介したいと思います。

まずはクランチから

画像:WEBGYM

両膝を立てたまま仰向けに寝転がります。手は頭の後ろで首を支えてください。そのまま、おへそをのぞきこむように、肩甲骨が床から離れるまで上体を起こします。

このとき反動をつかわずに、上体を起こすことがポイントです。お腹の上の方を使っていることを意識しながら行ってみましょう。

脇腹を鍛えるクリスクロス

画像:WEBGYM

仰向けに寝転がります。対角の肘と膝を近づけるように上体を起こします。

このときに反対側の脚は、遠くへ伸ばす意識をもってください。クランチと同様に、肩甲骨が床から離れるまで上体を起こすようにしましょう。

下腹を鍛えるベントニーレッグレイズ

画像:WEBGYM

仰向けに寝転がります。両脚をそろえて膝を曲げたまま持ち上げてください。そのまま、お尻を床から離すようにさらに持ち上げましょう。

下ろすときに、腰を床につけておくのがポイントです。

【関連記事】“ぽっこりお腹”とおさらば!インナーマッスルを鍛える3分間トレーニング

 

いかがでしたか? お腹を鍛えるトレーニングを紹介させていただきました。使っているところを意識しながら、まずは、10回ずつチャレンジしてみましょう。

【画像・参考】
※クランチ、クリスクロル、ベントニーレッグレイズ/WEBGYM
※Kotin/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上