WEBGYM

1日20回の「美バスト」トレ!大胸筋を集中的に鍛える、腕立て2選

「年齢と共に垂れてきた」「サイズがダウンしてしまった」など、バストの形や大きさについて悩むことはありませんか? 美しい胸は複合的な要素で作られていくため、ベストな解決方法を提案するのはなかなか難しいでしょう。

一方で、胸の筋肉を鍛えることによる、バストの土台作りへのアプローチは継続的に行って欲しいと筆者は考えます。乳房の下にある大胸筋を鍛えることは、バスト全体をボリュームアップさせる要因のひとつといえるので、短い時間で取り組める、胸筋のトレーニングにトライしてみてください!

まずは基本の腕立て伏せ「プッシュアップ」

画像:WEBGYM

手は肩より広めの位置に置き、胸を床に近づけるように動きます。床につくギリギリの位置で一度止まり、両手で床を押すようなイメージで身体を元に戻しましょう。胸の付け根を意識して動けるといいですね。

画像:WEBGYM

ポイントは、お腹にグッと力を入れて、常に頭からかかとを一直線に保つようにすること。まずは10回1セット頑張ってみましょう。

腕立て伏せの派生形「膝付きナロープッシュアップ」

画像:WEBGYM

まずは腕立て伏せのポジションを作り、膝とつま先を床につけます。手は肩幅よりも狭い位置に置いてください。そこから、脇を締めた状態で肘の曲げ伸ばしを行います。お腹と背中に力を入れて、頭からかかとまでを一直線に保ちましょう。

画像:WEBGYM

胸は地面につけずに、軽く浮かせたところで一度停止すると、より胸筋に刺激を感じるでしょう。10回1セット、反動をつけずにゆっくり行ってください。

【関連記事】意外と間違えているかも…!? “理想のバスト”を叶える「腕立て伏せ」とは?

 

ナイトブラが注目を浴びたりと、美しい胸作りへの関心は今後も続いていきそうです。理想の美バストを目指して、筋肉という土台作りも忘れずに行っていきたいですね。

【画像・参考】
※胸を鍛えて魅せる身体に!/WEBGYM
※xquang/PIXTA(ピクスタ)

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上