WEBGYM

ジムスタッフが教える「キレイな腹筋」を作るコツとは?時短トレで目指せ“お腹の縦線”!

引き締まったお腹の象徴である、真ん中と脇腹に刻まれた縦線は多くの女性の憧れですよね。この夏こそ水着でお腹を出せるようになりたいなら、今から腹筋を鍛えたいところ。

シンプルに上半身を起こすだけの腹筋運動もいいですが、飽きないようにするためにも色々なコアエクササイズをマスターすることをおすすめします。ここで紹介するトレーニング法のポイントを押さえて、楽しく腹筋を刺激していきましょう。

「ベントニーレッグレイズ」で下腹部を刺激する

画像:WEBGYM

仰向けになり、腕を楽な位置に置きます。膝を曲げた状態で足を上げ、お尻を持ち上げるようなイメージでさらに引き上げましょう。反動をつけずに、ゆっくりと動くようにするといいですね。

画像:WEBGYM

足を下ろすときは、腰を床につけてください。腰が浮いてしまうと、負荷が逃げてしまいます。続けているうちに下腹部に刺激を感じるはずです。目安として10回、お尻と足を上げてみましょう。

ねじりの動きで腹斜筋に働きかける「クリスクロス」

画像:WEBGYM

仰向けになり、膝を曲げた状態で片足を上げます。両手で頭を支えながら上半身を持ち上げて、対角の肘と膝をつけるように動かしましょう。上体を上げたまま、手足を交互に入れ替え続けてください。

画像:WEBGYM

足はなるべく遠くに伸ばして、お尻が床から離れないように意識するといいですね。上半身と下半身は浮かせたまま、まずは合計10回続けてみましょう。

最後まで頑張りたい「V字腹筋キープ」

画像:WEBGYM

仰向けになったら、上体と下半身を持ち上げてVの字を作ります。腕はもも裏に添え、お腹に力を入れてバランスを取りましょう。10秒間キープしたら元の姿勢にゆっくりと戻ります。

上半身を起こすだけの腹筋運動と比較すると、筋肉への負荷が大きいトレーニングです。無理のない範囲で行うことをおすすめします。まずは3回程試して、様子を見ながら回数を増やしていくといいですね。

【関連記事】桃のような「美尻」の作り方とは? 効率良すぎな時短トレーニング9選

 

いかがでしたか? 様々な腹筋トレーニングを組み合わせることで、楽しみながら美しいお腹に近づいていけるといいですね。

【画像・参考】
※ビーチに似合う本気の腹筋/WEBGYM
※: mits/PIXTA(ピクスタ)

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上