WEBGYM

押さえるだけで“肩こり”にアプローチ!座りながらできる「お手軽ストレッチ」3選

じめじめと過ごしにくい梅雨の時期。体調を崩しがちな人も多いですよね? 筆者が特に悩まされるのは、首と肩こりが引き起こす頭痛です。

頭痛の原因は様々ですが、首や肩周りをケアしておくことは、PCやスマホの画面を見がちな現代人にとって大切にしたい習慣の1つでしょう。

そこで今回は、こりかたまりがちな首・肩周りをほぐすストレッチを3つ紹介します。イスに座ったまま気軽に行えるので、お家で過ごすスキマ時間やオフィスでの休憩時間にトライしてください!

腕をクロスさせる「肩甲骨のストレッチ」

画像:WEBGYM

右腕を左に伸ばし、逆側の腕で肘を支えるようにクロスさせます。そのポーズから、肩を落として目線を右に向けましょう。ゆっくりと細い息を吐きながら、肩甲骨周りの心地良い伸びを感じてください。

画像:WEBGYM

腕を入れ替えて、逆側も伸ばしましょう。左右それぞれ30秒を目安に続けてください。

頭を傾ける「肩のストレッチ」

画像:WEBGYM

お尻の下に手を入れたら、頭を反対側に倒します。続けて、もう片方の手で頭を持って斜め下に傾けます。

画像:WEBGYM

肩の筋肉が伸びているのを意識してください。反対側も均等に行い、それぞれ30秒間キープしましょう。

目線を斜め上に「首のストレッチ」

画像:WEBGYM

両手を使って、鎖骨を押さえましょう。顎を天井に向けて、目線を斜め上に向けてください。首筋の筋肉が伸びていることを意識するといいですね。

画像:WEBGYM

深い呼吸を続けながら、左右でそれぞれ30秒を目安に取り組んでください。

【関連記事】ずっしり重い“肩こり”とおさらば!1回たった3分の「時短エクササイズ」

 

いかがでしたか? 毎日のちょっとしたスキマ時間を有効活用して、梅雨のどんよりを快適に過ごしていけるといいですね。

【画像・参考】
※梅雨の頭痛対策/WEBGYM
※YAMATO/PIXTA(ピクスタ)

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上