WEBGYM

たった3分の“シックスパック”作り!夏までに始めたい簡単体幹トレーニングとは?

トレーニングに励んでいる人でなくても、“シックスパック”という言葉はどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか? 腹直筋というお腹の前側の筋肉が縦横の線で区切られ、6つに割れてみえる状態を“シックスパック”と呼びます。

そんな理想的な腹筋を、1日3分のトレーニングで目指してみませんか? 運動初心者でも取り組みやすい筋トレをセレクトしたので、あなたも今日から“シックスパック”作りに挑戦しましょう。

まずは基本の呼吸から「ドローイン」

画像:WEBGYM

ゆっくりと息を吐き、お腹をへこませます。これ以上吐く息がないというところまで、お腹をへこませたら、息を吸ってお腹を膨らませる動作を繰り返します。

画像:WEBGYM

単純な動きに思えますが、下腹部を意識して大きく呼吸をするのは大変です。丁寧にやればやるほど、お腹の奥の筋肉に負荷がかかります。まずは1分間続けてみましょう。

「キャット&ドッグ」でお腹の筋肉を動かす

画像:WEBGYM

肩の下に手首、股関節の下にひざがくるように四つん這いのポジションを作ります。息を吐きながら、おへそを覗き込むように背中を丸めましょう。同時に肩甲骨を大きく開くといいですね。

画像:WEBGYM

息を吐き終わったら、息を吸いながら背骨を反らせます。今度は、肩甲骨を内側に寄せていきましょう。骨盤を倒すのではなく、お尻を天井に向けるようにすると、自然と腰が反りますよ。目安として、交互に5回ずつ行ってください。

ひねって腰回りを刺激する「ツイストクランチ」

画像:WEBGYM

仰向けに寝て、足を90度曲げます。斜めの方向に上半身を持ち上げて、身体をひねりましょう。お腹の横側の筋肉が、伸び縮みが感じられるはずです。このとき、両手の指先を均等に上げることと、足を動かさないことがポイントですね。

上体を上げたまま3秒程キープして、ゆっくりと戻すとより腹筋にアプローチできますよ。左右の両方向、各10回ずつを目安に行ってください。

【関連記事】夏目前!本気で“美腹筋”を目指したい人向けの「1日3分集中トレーニング」

 

筆者が初めて“ドローイン”を行なったときは、丁寧に呼吸を行うだけで身体が温かくなっていることに驚きました。まずは基本の呼吸トレを抑え、慣れてきたら他の体幹トレーニングにも挑戦できるといいですね!

【画像・参考】
※お腹引き締め HOME/WEBGYM
※IKO-studio/Shutterstock

\今こそはじめよう!「宅トレ」/

【レベル】から選ぶなら
#入門編 #基本編 #実践編 #専門編

【部位】から選ぶなら
#全身 #上半身 #下半身 #二の腕 #お腹 #背中 #お尻 #胸 #腰 #肩 #手首 #足首 #腕 #腹 #腹筋 #くびれ

【目的】から選ぶなら
#筋トレ #パフォーマンス向上 #ダイエット #美ボディ #テレワーク疲れ #肩こり #腰痛 #快眠

【時間】から選ぶなら
#時短 #5分前後 #10分以上